« 踊り子レベル99に 私的踊り子連携指南 | トップページ | とあるヴァナ冒険者の超ぐだぐだプレイの一日 »

2011年12月22日 (木)

エルディーム古墳 GOVP7 95+★★★☆☆

送信ボタン押したら、ココログメンテナンス中で落ちたんです・・・。
この文章2回目です。最初は凄い面白いことが書いたあったのに2回目なのでテンションが落ちてるのをご了承ください。

FF11(ファイナルファンタジーイレブン)というゲームでのお話。

踊り子をカンストしたらフェローもレベル90+でカンストしたのでフェローの限界クエを受けてきました。結局最後のクエもメイジャンでした。
フェロークエは竜虎相搏つ、で完結で後はおまけということですね、残念です。エリア増やせないのならこういうとこで演出すればいいのにもったいないなあ。

で、お題がアンデッド族にフェローがWS30回打てばいいということで、GOVができそうなとこを探してきました。エルディーム古墳です。
wikiから引用。P7の初期取得経験値違ってますね。もうちょいもらえます。
----------------------------------------------------
ページ6
Tomb Warrior……3
Tomb Mage……3
60~63 エルディーム古墳 1470exp
----------------------------------------------------
ページ7
Hellbound Warrior……3
Nekros Hound……3
91~95 エルディーム古墳 1570exp 1890exp
----------------------------------------------------
Hellbound Warlock……3
Nekros Hound……3
91~95 エルディーム古墳 ?exp
----------------------------------------------------

P6は敵が弱く95+ではスキルあがらない、P8は魔法持ち骨でアイススパイクがうざいのでP7をチョイスです。
骨が相手なのでモ/踊レベル96でいきました。

エルディーム古墳は1キャラでは扉の開閉がままなりませんが、イリュージョン技を使えばOKですね。

Mir111220073009a_2

こうやって扉前でヒーリングして→→←←○△・・・

なんてことはなく、倉庫キャラで扉スイッチを押して、ログアウト・ログインして開閉しただけです。
護衛入り口でなく以下のとこから入れば扉なしでいけます。帰るとき判明。

Mir_govp8_2

で、入ったところのこのあたりの広場に敵がいます。GOV本ははいって最初の分岐を南にいったすぐの段差の行き止まりのところにありますのでそこで受けます。

Mir_govp7_2

で問題がこの広場の敵の分布・・。

Hellbound Warrior……3
Hellbound Warlock……3
Nekros Hound……2

アンデッドの犬が1匹御代に対して足りません・・。POP待ちに若干なるです。

Mir111220080000a_3

敵はアンデッドなのでHP量に注意しないと・・・

Mir111220214610a_2

生態感知でわらわら寄ってきて転がることになります;;

エルディーム古墳 GOVP7 お勧めマークほい!
★★★☆☆

« 踊り子レベル99に 私的踊り子連携指南 | トップページ | とあるヴァナ冒険者の超ぐだぐだプレイの一日 »

GOV」カテゴリの記事

コメント

先生ぇ…INしたいです…

私もGoVでLv上げやってた時に数が合わなくてPOP待ちになってた事がありましたな
誰もいなかったからそれが理由だったのだろう…
ホルトトのガーディアンGoV…違うの沸くからいつまでたっても終わらない!(笑)

忙しいんですね。
だいじゃぶ、この古墳も日曜ネタを持ってきているだけですしおすし。

何がだいじゃぶなんだろう・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エルディーム古墳 GOVP7 95+★★★☆☆:

« 踊り子レベル99に 私的踊り子連携指南 | トップページ | とあるヴァナ冒険者の超ぐだぐだプレイの一日 »

フォト
2022年2月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          

FF11レベル

  • Miruteen
  • Pimy
  • Hashiken
  • Yori
  • Kanari
  • Zenji

最近のトラックバック

無料ブログはココログ