« 高速サボテン Cactrot Rapidoがぽろりアルコデベロシダ | トップページ | 冒険者さんありがとうキャンペーン2012 モグスタンプ集めサンドリア編+バストゥーク編+ウィンダス編 »

2012年5月15日 (火)

ものの値段がときどき分からなくなる

Amazonってちょっと前までは1,500円以上購入で送料無料だと思ったら、近頃は購入金額が安くても送料無料だったりするんですね。Amazonから出品されるものが対象なんでしょうけど。中古本333円のを買ってみたら、本当に送料無料で届いたよ・・。Amazonは送料取られて、カード決済したから5%取られてもまだ利益がでるのか・・恐ろしい。
中古CDとかも1円からってのがありますよね。これは送料が無料ってのがないから多分送料で利益を取っていると思う。送料340円+CD1円で341円・・それでも安いけどね。試しに同じ出品業者から同時購入したら、341円×2 が決済価格だった。うん間違いない送料の中に物の値段が入ってる。買わなかったけどね。

子供服の西松屋とか、一着1,000円とかでめっちゃ普通の服があるけど、あれ仕入れは何十円とからしい。

コンビニのスーパー化というか対老人・対家族向けの対策も進んでいる。セブンイレブンやローソンにいけば、真空パックされたお惣菜の数々。真空パックされている分鮮度がいいようにみえる。
3パックセットで販売されている納豆・豆腐、これがまたへたなスーパーより安かったり、たまごもパックで売っているし、野菜だってお肉だってある。

電気屋さんにいっても韓国製のテレビが普通においてあるよね、安いし品質ももう負けてるんじゃないか日本は。会社で営業に支給している携帯も韓国製だ。かつて日本がアメリカにしていたことが、日本で行われているのか。もうすぐビルや土地も買われてしまうんだろうか。

ものがない時代のそれを手に入れること=豊かさの時代から、物質的欲求が満たされている時代になって、何が豊かさの基準となっていくのだろう。戦争があった時代が良かったとは思わないし、食べるものがない、欲しいものが買えない時代が懐かしいとも思わないけれど・・・なんか「人類補完計画」はあながち間違いではないと思える今日この頃。

逃げちゃダメだ!

« 高速サボテン Cactrot Rapidoがぽろりアルコデベロシダ | トップページ | 冒険者さんありがとうキャンペーン2012 モグスタンプ集めサンドリア編+バストゥーク編+ウィンダス編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

最近この年になってようやく思うのは
確かに日本はじめ先進各国はそれなりに生活レベルが豊かであっても
それはすべて資本主義というごく一部にしか共有化されえない価値観、
またその中でいわゆる「勝ち組」しか普遍性、公平性を認めない
(そして負け始めて初めて疑問符を呈し始めるようないい加減な)
ごく一極的な価値観を強制した中での
時限的、幻想的な一部の成功に過ぎないという諦観です

勝ち組となった先進各国のほとんどは単に二次大戦以前に
植民地を母体に暴力的に経済優位を確立しただけにすぎません

世界全体でみれば65億の人々をうるわすには不十分な
資源、食料、を今日も我々は「カネ/資本」という
本来何の役にも立たないはずの幻想的な価値を強制することによって
それを本来必要とする国/地域から強奪するシステムを作り上げ
経済的成功と称しているだけのような気がしてなりません

「豊かさ」・・をどうこういえるほど
世界は平和でも公平でもないように思いますが
日本人の一人として
今も世界のどこかから「カネを払って(それをいいことに)」
泥棒同然に経済的繁栄を謳歌し、
またそのサイクルの根底で世界の多くの人々を犠牲にしつづけ、
更にそのことを顧みない日常/思想/現世代の無責任/無関心/
次世代へそのまま続く教育の在り方など・・

日本の/先進各国の勝手きまわる言い分/お題目を
屋台骨からへし折ってやりたいと憤懣やるかたなく思うことが最近ままあります

こんな生き方/環境を良しとして自分が死ぬとき
どんなに後ろめたい、情けない気分で終わりを迎えるのかと憂鬱になることしばしです

「世界各国の」今まで食いつぶされてきた方々の豊かさを
今から公平に勝ち取ることはあるいは無理であっても
今のこのやるせない環境を良しとせず
変えていく気概をせめて持たないことには・・・
「我々」の次の豊かさにはつながっていかないような気がします・・・


どこを立て読み?www

人間は本能が壊れた動物である。
全ては幻想であると一時期岸田秀の本を読んだ記憶がよみがえりました。

豊かさは相対的なものなので、常に何かに飢えるのは仕方のないことかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/577838/54716949

この記事へのトラックバック一覧です: ものの値段がときどき分からなくなる:

« 高速サボテン Cactrot Rapidoがぽろりアルコデベロシダ | トップページ | 冒険者さんありがとうキャンペーン2012 モグスタンプ集めサンドリア編+バストゥーク編+ウィンダス編 »

フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ヴァナ時計

  • ヴァナ時計

FF11レベル

  • Miruteen
  • Pimy
  • Hashiken
  • Yori
  • Kanari
  • Zenji

最近のトラックバック

無料ブログはココログ